相手ともっとセックスで楽しみたいという風に思っていたり、不感症を解消したりしたいという場合に、媚薬や精力剤、興奮剤などを使用すればそういう人たちであっても十分に目的を果たすことができるでしょう。媚薬の一種であるアドバンテージDXは男女問わず使うことができたりします。今回はこのアドバンテージDXというのはどういう媚薬なのかということについてしっかりと解説していきます。

アドバンテージDXとはどういうものか?

アドバンテージDXとはどういうものか?
アドバンテージDXは液体タイプの媚薬で、女性だけでなく男性においても使うことができますので、男女のセックスを促進するという目的においても使用することができるでしょう。セックスレスを解消するという目的でも、不感症を克服するという目的においても使われます。手軽に使うことができるという面においても人気がある媚薬です。

即効性が高い成分が含まれている

即効性が高いアドバンテージDX
アドバンテージDXはヨヒンベと呼ばれる天然の媚薬とオキシトシンと呼ばれる愛情ホルモンを配合してしますので、これによってセックスにおいて男女関係を構築することが容易になっています。女性の方が効果が高いということが言われているわけですが、男性においても勃起を増幅する効果がありますので、結果的に男女に効果があるわけです。

ヨヒンベ

ヨヒンベというのは植物に含まれていて、アフリカにおいて現在でも使用される天然の媚薬で、ヨヒンベの樹皮にあるヨヒンビンという成分が特に媚薬効果のために働いています。生殖器の血管を拡張させて、結果的にアドレナリンの分泌を促進しますので、性欲アップに働きます。また、男性の精力剤としても利用されますので、勃起が継続する時間が長くなります。

オキシトシン

オキシトシンはラブホルモンと呼ばれるようなホルモンの一種で、男女関係を縮める成分として特に注目を浴びているホルモンでもあります。このホルモンは対人関係において信頼感や親近感、恋愛感情などを高める効果がありますので、男女関係に使うということであれば親密度が増す可能性は高くなります。女性が飲んだら男性に対して恐怖心が無くなり、信頼感が増していきます。

性行為の30分前に飲めばいい

時計
アドバンテージDXを飲むタイミングというのは、相手と濃密なセックスを行う30分前ぐらいがいいです。セックスの効果を期待する30分前ぐらいに、舌下に1滴から2滴程度を垂らして服用をするといいでしょう。垂らしたときに30秒ぐらいその状態をキープしてから飲み干すようにすればいいでしょう。

直接舌下に垂らさなくても、ジュースやお酒の中に含ませて飲んでいただいても構いません。ただし、飲みすぎるのはあまり良くないですので、24時間中の服用においては3滴から4滴までにしておいてください。副作用の報告は出ていませんが、薬ではありますので、自分で注意しながら服用することが求められます。

持病を持っている人は要注意!

アドバンテージDXは何らかの持病がある人は飲まないほうがいいということが言われています。

  • 高血圧
  • 心臓疾患
  • 腎臓病
  • うつ病
  • ぜんそく
  • 甲状腺異常

などの持病がある人は一切服用しないでください。18歳未満の方においても服用をしないでください。

男女間の性的な関係を作るために使われる

ラブラブな男女
アドバンテージDXは液体タイプの媚薬で、男女兼用の媚薬でもあります。それにはヨヒンベとオキシトシンと呼ばれる有効成分が含まれているために、男女間の関係を構築するのに役に立ちます。性行為の30分前に1滴ほど垂らして飲めばいいです。