キャッチボールを意識しよう

テレフォンレディは会話をするというお仕事です。
内容は様々ですが、世間話からアダルトな会話などその時々の利用者男性に合わせて対応するのが良いでしょう。
どうしてもアダルトな会話はいやだという場合でしたら、ノンアダルトのお仕事を選んでいただくこともできるのです。
こうした声を使うお仕事・話すというお仕事とやなるとやはりキャッチボールが大切になってきます。

話すコツ

改めて意識をしてみると苦手かもなんて思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最初のうちはいくつかのコツを意識しておくことでこうした悩みからも解消されますよ。

先ずは「オウム返し」です。

そのままの言葉を返すのではなくポイントとしては「言葉尻」を返すということです。
例えば「この前買い物にいって」という話をされたら「買い物に行ったんだ、何を買ったの?」などとワードを少し取っていくのです。

こうすることで自然な流れで言葉のキャッチボールを行うことが出来ます。
それでも話が続いて行かない・途切れてしまうのが気になるという時には、相手の趣味について話をするとよいでしょう。
自分が分からない趣味でも大丈夫。むしろそのほうがキャッチボールができるかもしれません。

「教えて」という姿勢で話のやり取りを意識してみるのです。

好きなことを教えてといわれれば、ついついウキウキした気持ちで話すものですよね。
この心理を利用するというわけです。

こうしたことを意識するだけで、キャットボールをすることができるかと思います。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です